IBD・蛋白漏出性腸症

GUNSO、お日様に感謝

11歳の夏を無事に乗り越えたGUNSO。ただ9月の長雨で散歩が短く体重増!!若干、脚腰の筋肉が落ちてます。これからは体重を落としつつ散歩の長さを少しずつ伸ばして筋肉をつけないといけないね。
お散歩、寄り道大好きですよ♪」

さて11歳の秋になって、健康面で色々ありましてね。
9月には耳の縁に5mmにも満たない小さいイボ(ニキビ?)を発見!
大きくなっては大変と腫瘍専門科に受診しました。3年ほど前にも『チカラこぶ』騒動でお世話になった院長先生に診察していただきました。
検査の結果、良性。ニキビみたいなもので1ヶ月ほどで自然に取れますよ。老犬にできやすいとのこと。念のために3週間後に再診しましたが、小さくなって瘡蓋になってました。院長先生が言われた通り、1ヶ月後に自然に取れていました。日々の身体のチェックが大事です。

10月には、GUNSO  人生(犬生)初めての【膀胱炎】になりました。朝一のおしっこが血尿〜!! すぐに総合動物病院へ!検査の結果、【膀胱炎】でした。投薬治療になりましたが、1週間後の検査では、異常なし!! 念のために2、3週間後に再検査となりました。

こちらの方も心配になりましてね。ついでに 経過観察中の血液検査をお願いしました。
『IBD 炎症性腸疾患』『蛋白漏出性腸炎』と診断され3年10ヶ月、断薬して2年6ヶ月経ちました。寛解しています。
発症から3年・・総タンパク質6.4(正常値5.0 〜7.1)
                        アルブミ    3.3(正常値2.1 〜 3.9)
問題なし! そのほかの腎臓・肝臓・膵臓の数値も正常値で問題なし!ホッと一安心です。

普段からこまめな水分補給とトイレ誘導をしているのですが、シニア犬になると季節の変わり目やらに免疫力や新陳代謝が落ちて膀胱炎にもなりやすいそうです。今以上に健康に留意しなければいけませんね。またイボやらニキビやらができやすいそうですので日々のボディチェックも念入りに。

お天気のいい日には、熱中症に気をつけて『日光浴』がいいらしいですね。生きている生命にはお日様がなくてはならないものですね。長生きのためにお日様と仲良く日光浴を楽しんでね。
「ぽかぽか日差しを浴びて、元気に過ごすゾォ!!」

| | コメント (0)
|

ロミユニのクレープ

週末、年に2回の定期検診に朝一にGUNSOを連れて行きました。ついでに肛門腺と耳掃除をお願いしました。
『IBD 炎症性腸疾患』『蛋白漏出性腸炎』と診断され3年、断薬して1年8ヶ月経ちました。寛解しています。
発症から3年・・総タンパク質6.3(正常値5.0 〜7.1)
                        アルブミ    3.4(正常値2.1 〜 3.9)
血液検査も問題なしでした。ご飯もGUNSOに合っているようでよかったです。
大嫌いな肛門腺と耳掃除を頑張ったので、約束通りにロミユニさんへクレープを買いに行きました。
「季節限定のクレープくださいな♪」


りんごとバニラとシナモンのジャムですよ。


GUNSOにはクレープ生地をおすそ分け♪

美味しそうな顔をしてモグモグ。
「もう少しちょうだいな♪」

来年も元気に鎌倉観光大使として頑張ろうね♪ 美味しいグルメも紹介しようね♪

| | コメント (0)
|

GUNSO ごはん事情(ドライフード編)

10月です。めっきり秋らしくなってきた鎌倉です。今年は紅葉も期待できそうですかね。
GUNSOはというと、猛暑の影響で夏太りをしてしまい『ダイエットの秋』となっています(笑)9月の検診で体重が12.3kgに!!先生曰く「シニアで食欲があるのはいいことだけど、脚腰にはよくないね(;´д`)」と苦笑い。ご飯の見直しとショート散歩の回数を増やしてシェイプアップします。『食欲の秋』は、元の体重に戻ってからですね。
毎日朝ごはんだけ、ドライフードを食べています。今はこちらのドライフード
『フィッシュ4ドッグ スーペリアウェイトコントロール』

  成分*粗たん白   22.0%以上
    *粗脂肪      7.0%以上
       *代謝エネルギー 322.9kcal


いつも体重が増えた時に、3ヶ月ほど食べて体重管理をしています。 
ついでにGUNSOのドライフード事情もお話しますね。
IBD 蛋白質漏出性腸症の食事療法として低脂肪と言われています。IBD 蛋白質漏出性腸症の治療中もこちらのフードをローテーションとして食べていました。
発症当時は動物病院で処方された療養食『ヒルズ z/d』を食べて水下痢に。続いて処方された療養食『ロイヤルカナン アミノペプチドフォーミュラ』は拒否。
成分*粗たん白     18.5g
      *脂肪       17.0g
      *代謝エネルギー  388kcal


ふやかしてミキサーでくだき、少しずつ食べさせました。相変わらず食いつきが悪いので、『ネイチャーズロジック ナチュラルサーディン』を少しずつ混ぜて食べさせました。このフードはGUNSOの食いつきがとっても良かったです。
成分*粗たん白   36.0%以上
  *粗脂肪      8.0%以上
      *代謝エネルギー   365kcal

2ヶ月後には、ロイヤルカナンを止めました。
ローテーションのひとつに、『ピナクル トラウト&スイートポテト』
成分*粗たん白   27.0%以上
  *粗脂肪    10.0%以上
      *代謝エネルギー 325kcal


このフードもGUNSOに合っていました。今は、この3つを3、4ヶ月ローテーションしています。ワンコさんに合ったドライフード選びは難しいですね。
「今日も残さず、ご飯を完食しました!!」


この笑顔がいつまでもママとパパの側で見れますように。
あっ!ダイエットも忘れずに!!

| | コメント (2)
|

GUNSO トッピング

8月31日に閉店した「Romi-Unie Cofiture」が、9月16日に若宮通りに新店舗をオープンするそうです。毎日クレープやスコーンがテイクアウトできるということなので、ママはとっても嬉しい゜.+:。(*´v`*)゜.+:。 もちろんGUNSOのお散歩コースですよ。
「GUNSO、いつでもクレープ食べられるよ♬」

 さて『IBD・蛋白漏出性腸症』のGUNSOですが、お薬も飲まずに寛解期が継続中です。発症当初から現在までずっと続けているトッピングがあります。
『カラダよろこぶ 発酵50種ブレンド Wild Mix』
『ナチュラルバランス ダイジェストエイド』
どちらもグリーンドッグの通販で購入できます。

このふたつのトッピングのどちらかが欠けてもお腹の調子が崩れかけるので、なくならないように常備しています。サプリメントやトッピングの種類を多くすると薬の効き目が悪くなったり、サプリメントの効き目も悪くなったりするそうです。使われる前に主治医と相談してください。あくまでも補助的に使うことがいいようです。
GUNSOの朝ごはんはドライフードをミキサーで粉砕して、お水で練り練りしたフードに2種類をトッピングしてあげてます。

サプリメントだらけのご飯なんて、人間だって嫌ですもの。
病気のワンコちゃんやニャンコちゃんが美味しくご飯を食べられますように。
病気がよくなりますように。

| | コメント (2)
|

GUNSO ごはん事情(手作り編)

今日の鎌倉花火大会は高波の影響で中止になりました。
さてIBD 蛋白質漏出性腸症のGUNSOは寛解しており薬も飲んでいません。しかし今でも食事にの内容に気をつけています。回数は1日3回+おやつ3回。朝・昼・夜と毎食違うごはんをあげています。おやつは毎食の分量を少し取っておきあげています。
朝はドライドッグフード。昼は手作り食。夜は半分手作り食。
今回は昼の手作り食を紹介します。
食材は鶏のササミとジャガイモ。
まずは鶏のササミを蒸します。スジを取りミキサーにかけます。電子レンジを使うとササミが爆発するので危険ですよ。

ジャガイモ(新じゃがを使うようにしてます)も別に蒸します。こちらはマッシャーでつぶします。

だいたいササミ多めに5:4で混ぜます。

これを85gくらいに小分けして冷凍庫で保存。

食べる時に解凍して1割ほどの野菜を茹でてみじん切りにして混ぜます。

野菜酵素をトッピングして出来上がり。
このご飯を一度に食べさせず30gほど別に取り2時間後におやつとしてあげています。
気をつけているところ
*量をたくさん食べさせない
*食事の回数を増やす
*消化しやすいように食材を潰す
*うんちの状態と毎日の体重測定

ご飯の時間が楽しみなGUNSOです🎶

| | コメント (0)
|

GUNSO 春の定期健診⑴

春の動物病院はどこも混雑してますね。フィラリア検査や狂犬病ワクチンなどがありますからね。ワンコさんもニャンコさんも大事な家族ですから、病気の予防をしてあげないといけませんね。
さてGUNSOが『IBD 炎症性腸疾患』『蛋白漏出性腸炎』と診断され2年5ヶ月、断薬して1年1ヶ月経ちました。経過を見るために血液検査をしました。
発症から2年5ヶ月・・総タンパク質6.0(正常値5.0 〜7.1)
                                  アルブミン        3.3(正常値2.1 〜 3.9)
どちらも高数値で問題なし。ついでに腎臓、肝臓、膵臓も問題なし。10歳を過ぎるとよりいっそう健康に気をつけないといけませんね。
「美味しいごはんを作ってな🎵」

GUNSOが毎日元気で過ごせるように、美味しいごはんを作りますよ。フィラリア検査も陰性でした。虫に刺されないようにも注意しなくちゃね。

| | コメント (0)
|

GUNSO シニアケア

GUNSOが 『IBD 炎症性腸疾患』『 蛋白漏出性腸炎』と診断されて2年、断薬して8カ月経ちました。
経過を見る為に久しぶりに血液検査をしました。
発症から2年‥‥総タンパク質⒍4(正常値⒌0〜⒎1)
                       アルブミン     ⒊5(正常値 2.1 〜3.9)
高数値を保っていたので問題無し。良かったです。ストレスや寒さに弱いので、 無理なく過ごせるようにしてあげたいです。
さて、GUNSOも春には10歳になります。目の老化のケアを勧められました。


フレンチさんはお目々が出てるのでドライアイになりやすいそうです。朝晩にヒアルロン酸点眼と目と関節のサプリを飲んでケアしています。

from iPhone6

| | コメント (2)
|

GUNSOとパンダカー

10月になりました。行楽の秋の鎌倉は連日修学旅行生や遠足、観光客でいっぱいです。湿度は低いのですが、日差しが強いのでGUNSOのお散歩は夕方に。
さて最近のGUNSO ですが、断薬して6ヶ月経ちました。
『タンパク質漏出性腸症』発症から1年10ヶ月
         ‥‥ 総タンパク質  6.2(正常値 5.0 〜7.1)
               アルブミン  3.4(正常値 2.1〜 3.9)
               体重     11.8kg (発症以前11.5kg)
血液検査の結果も問題無しヽ(´▽`)/ 体調も崩さず元気で過ごしております。今のところは寛解(かんかい)しています。再発しないように食事に気をつけてストレスのない生活を続けてます。[ 寛解期とは、症状が一時的に軽くなったり、消えたりしている時期のこと。 寛解とは、症状が落ち着いて安定していること。 寛解期は必ずしも完治した状態ではなく、病気が再発する可能性もある。]

最近、ブログの検索で『タンパク質漏出性』や『低アルブミン』などが多くなっております。 この病気と闘っているワンコさんやニャンコさんの症状がよくなりますように‥‥

 さてさて先日の油壺マリンパークでのこと。GUNSOが釘付けになったのは、イルカさんでもなくカワウソさんでもなく、こちらのパンダカー(笑)
Img_6341

もしもし、もちかして あたちのおかあたんですか?」‥‥ 匂いを嗅いで確認中のGUNSOcoldsweats02

Img_6342_2

「聞こえてますか〜 あたちGUNSOですう。覚えてますか」‥‥いやいや、それパンダさんやしヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
Img_6343
横顔がどことなく似ている所が笑えますΣ((oÅO艸*)
Img_6345
そんなに気になるなら抱っこして乗せてあげればよかったかな。それはそれで恥ずかしいママなのでした。パパが乗るという手もあったかsmile
行楽の季節、GUNSOと一緒にどこへお出かけしようかな♪

| | コメント (0)
|

鎌倉 春一番

気がつけば早いもので3月。彼岸の入りの日に春一番の南風が吹き荒れました。
今年も鎌倉の段葛には早咲きの玉縄桜が咲きました。あと10日もすればソメイヨシノも咲き始めるでしょうか。
Img_4910
学問の神様で知られる『荏柄天神社(えがらてんじん)』の梅も奇麗に咲き誇りました。
Img_4935

さてGUNSOは元気に過ごしております。もちろんぐんパパもママも元気ですhappy01 新年最初の定期検診の結果から
発症から一年‥‥ 総タンパク質  6.6(正常値 5.0 〜7.1)
          アルブミン  3.4(正常値 2.1〜 3.9)
           体重     12kg (発症以前11.5kg)

  『蛋白漏出性腸症』が完治したのでは?と思ってしまうくらいの総タンパク質の数値とアルブミンでした。ここ6ヶ月以上、総タンパク質以上とアルブミンが高数値が続いていますψ(`∇´)ψ6月の初め頃まで少し緩めの便でしたが、それ以降はちょうどいい固さの便を出しておりますヽ(´▽`)/ なので、徐々に減らしてきたお薬を一時お休みすることになりましたhappy01 1ヶ月後、血液検査で問題がなければお薬を止める事ができます。粘り強くよくがんばりましたgood これからもGUNSOに無理をさせないように健康管理に努めます。

 鎌倉は新規のお店の出店ラッシュです。逗子葉山にある『サン•ルイ島』のケーキ屋さんが御成町にオープンしました。

Img_4905 

2種類のケーキを早速買いましたnote 甘さ控えめで美味しいケーキです。ジェラートも売っていたので暖かくなったらお散歩の時に買おうかな。

Img_4926 Img_4927

「ママさん、食べ過ぎには気をつけてください!」‥‥家族みんな気をつけましょう(;゚∇゚)

Img_4916
 
段葛の二の鳥居の狛犬「あーさん」の犬歯が虫歯になっています(笑)みなさん、食後の歯磨きをしっかりしましょうねcoldsweats01
Img_4907

* ドラマ『続 最後から二番目の恋』が4月から放映されます♪ 極楽寺や由比ケ浜などでロケも始まってます。今回こそ、主役の『中井貴一さん』に会えることを願ってGUNSOとウロウロ散歩をしますgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

GUNSO,蛋白漏出性腸症から一年

 クリスマスが終わると今年もあとわずかです。 鎌倉はあちらこちらで迎春準備が始まりました。

 さてGUNSO家の一年は『IBD(炎症性腸疾患)蛋白漏出性腸症』との闘いでした。 去年の12月8日‥‥ 秋から2ヶ月ほど軟便が続いているので、肛門腺絞りのついでに近所の動物病院で診察。血液検査とエコーの結果、『IBD(炎症性腸疾患)』の疑いが高いといわれました。
診察時‥‥      総タンパク質  3.6(正常値 5.0 〜7.1)
           アルブミン   1.9(正常値 2.1〜 3.9)
           体重     11.5kg (発症以前11.5kg)

すぐにかかりつけの総合病院へ! いつも整形外科医に診てもらっているのですが、消化器医に診察してもらいました。やはり診察の結果、『IBD(炎症性腸疾患)蛋白質漏出性腸症』でした。年明けから2ヶ月間は水便、軟便が一日数回と続き体重が10.2kgまで落ち、頭の形がわかり肋骨が触れるほど痩せました。水便と嘔吐が止まらなく救急外来も数回お世話になりました。「もしかしたら4月の8歳のお誕生日を迎えられないんじゃないだろうか」と、頭をよぎることもありました。

 しかし、根気強く投薬と食事療法で危機を脱することができました。発症から4ヶ月ごろから総タンパク質とアルブミンの数値も正常値になり、それとともに軟便が治まり体重も増え始めました。

発症から一年‥‥ 総タンパク質  6.2(正常値 5.0 〜7.1)
           アルブミン  3.1(正常値 2.1〜 3.9)
           体重     11.8kg (発症以前11.5kg)

ここ3ヶ月は総タンパク質の数値は6超え、アルブミンも数値3超えが続いています。今はステロイド剤 1.75mg 免疫抑制剤が6日に1回。抗生剤のフラジール1/2錠が1日1回になり肝臓の粉薬も1日1回。朝のみの薬の服用しています。来年の定期検診でステロイド剤を飲まなくてもよくなります。 

予防ワクチンについては、病気の治療中ということと免疫抑制剤を服用していることで今年は『6種混合ワクチン』を接種をうけました。

  この病気は完治することがないそうですので、現状維持をキープするように食事と薬の管理をしています。また 寒くなるとお腹が冷えるのでご飯とお水は人肌程度に温めたものをあげています。お散歩に行く時も室内と屋外の温度差に気をつけて暖かい服装で行っています。過保護なくらいがちょうどいいようですね。

来年の春には9歳を迎えるGUNSO。またひとつ年を越えられますように。

すべてのワンコさんと飼い主さんも良い年を迎えられますように。

「来年もGUNSO家をよろしくお願いいたします。良いお年を♪」

Img_4458

| | コメント (0)
|