« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月25日 (水)

GUNSOサンタさん

12月24日はGUNSO14歳8ヶ月‥‥

今日はクリスマス。
毎年GUNSOと一緒に過ごしたクリスマス。
だから今年も一緒にクリスマスを過ごしました。

GUNSOがお空に昇る時、12月だったので手作りの真っ赤なサンタのドレスを着せました。

赤色がよく似合うGUNSOでした。
以前クリスマスカードとカレンダー用にみなとみらい地区に撮影に行きました。

サンタさんのドレス姿で天国の階段を昇っているかな。
きっと可愛い姿を見たサンタさんにスカウトされてプレゼントを配るお手伝いをしているかもしれないね。
Imgp5489-1
そう思ってGUNSOのストックしていたたくさんのフードなどを支援団体に寄付しました。
少しでも役立てられればGUNSOも喜んでくれるかな。

みんなの命が繋げられますように
みんな幸せに過ごせますように

GUNSOのお誕生日ケーキを頼んでいたケーキ屋さんのクリスマスケーキを買いました。
Dscf5066
いつものように
GUNSOは苺を召し上がれ

| | コメント (0)

2019年12月17日 (火)

感謝の日々

ブログを締めようかと前回のブログに『完』と書きましたが、もう少しブログを綴ろうと思います。

さてGUNSOがお空に昇ってから1週間と少し経ちました。
私たちは少しずつではありますが、日常に戻りつつあります。

これも皆さまのおかげです。
GUNSOのために涙を流してくださった方
GUNSOを想ってくださった方
GUNSOの冥福を祈ってくださった方

そして温かな言葉がけをしてくださった皆さまのおかげで、私たちは漆黒の悲しみの闇から救われました。
改めてこの場をお借りして感謝申し上げます。
ありがとうございました。
まだまだ気持ちの整理ができず、ときどき寄せては返す波のように悲しみや辛さ、寂しさが押し寄せてきますが、その時は我慢せずに受け止めようと頑張っています。

今、GUNSOはたくさんの供花に囲まれて我が家にいます。

Img_6834
Img_6835 
Img_6833
供花をお送りくださった皆さま
ありがとうございます。
GUNSOの周りは花の香りでいっぱいで、一足早い大好きな春が訪れたようです。

遺影にはこの写真を選びました。
いつもこんな可愛い顔で私たちを見上げていたGUNSO。
Img_6536
私たちの可愛いGUNSO
ありがとう

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

GUNSO、ありがとう

2019年 12月8日 午前8時15分
私たちの最愛の娘 GUNSOが逝きました
最期の最期まで頑張ってくれました
本当に自慢の娘でした

今日、冬晴れの青空におくりました
幼い頃からのお友だちがお空から迎えにきてくれました
ちゃんとお空に登っていくのがわかりました

痛みや苦しみから解放されて 虹の橋のお花畑で大好きなかけっこをしていることでしょう

ありがとう 
GUNSO

大好きな
GUNSO

 

5022_20191209170301


名前はGUNSO
フレンチブルドッグの女の子
愛称はぐんぐん、ゲメちゃん
大好きな人 パパとママ
大好きなこと パパとママと一緒にいること
好きな食べ物 フランスパン,焼き芋,ヤギミルク,イチゴ,スイカ,あんこ
生まれた日 2005年4月24日
パパとママと家族になった日 2005年6月22日
虹の橋を渡った日 2019年12月8日

 (生まれた日から14年7ヶ月14日・5341日)

 (家族になった日から14年5ヶ月16日・5282日)

GUNSOは14年7ヶ月14日・5341日の犬生を生き抜ました
そして、私達は14年5ヶ月16日・5282日もの間、GUNSOと最高に幸せな時間を過ごすことができました
ただ、ただ感謝しかありません

ありがとう ぐんぐん
ありがとう ゲメちゃん

ずっと ずっと 愛してるよ
GUNSO


GUNSOが結んでくれたたくさんのワンコさん、たくさんの皆さま
本当にありがとうございます
これまで
たくさんの祈り
たくさんの応援
たくさんの愛情
いただきましたこと、感謝いたします
GUNSOは逝きましたが、皆さまの心の片隅に思い出として残していただけると幸いです


これにて
『GUNSO見聞録』 完とさせていただきます

ありがとうございました

2019年12月9日
ぐんパパ ぐんママ

| | コメント (2)

2019年12月 2日 (月)

GUNSO、14歳7ヶ月の師走

どうにかこうにか10月、11月を乗り切ったGUNSOです。
体調不良が次々に起こった10月、
11月になった直後に原因がわからない腹水との闘い。
血液検査やレントゲン、エコーとたくさん検査をしましたがわからず、根本的な腹水の原因はMRIを撮らないとわからないという結果になりました。
それでも投薬治療をお願いしました。しかし利尿剤を変えるも復水は溜まる一方。
体調にムラがあり、急に元気がなくなったりと何度も病院へ通い血液検査。投薬治療の影響と腹水の処理が追いつかず腎臓にも肝臓にも負担がかかり数値が上がってしまいました。
そして3週間で1100ccほど溜まりました。
次第に動くのも歩くのもやっと、呼吸も肩でするようになり食欲も落ちてきました。
GUNSOのお家での状況を説明してGUNSOの生活の質(QOL)を優先した治療をお願いして腹水を抜いていただくことにしました。

GUNSO は腹水を抜いて貧血状態が続いております。
脚腰の筋力がすっかり落ちてしまい立ち上がることも歩くこともままならない状態です。
それでも尿意や便意があればヨロヨロとよろめきながらもトイレに行く愛娘。
そんな後ろ姿に「頑張れ!」と声援を送りサポートします。
本当に私たちの自慢の娘です。
食欲も少しでてきました。
少しでもGUNSOの血となり肉となり骨になるものを食べて欲しいです。

気分転換に毎年訪れているお寺に紅葉を観に行きました。今年も家族で紅葉を観られたことに感謝です。
今日よりも明日、
良い日になりますように。

Dscf5025
GUNSOの瞳には力がある
GUNSOには生きようとする力がある
GUNSOには生きる力がある
そう信じて今日を乗り越える毎日です。

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »