« たたかえ! GUNSO! | トップページ | GUNSO 、いざ!決戦の日  »

2019年2月 4日 (月)

外科的治療(手術)を決断!

今日は立春。鎌倉は20度近く気温が上がり暖かいというより暑かったです。GUNSOも少しずつお散歩の距離が延びてきました。手術で落ちた筋力が戻るといいね。
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+。
さて、今まで数多くの病気を乗り越えてきたGUNSO。麻酔をかけての検査を何度も提案されましたが、短頭種の麻酔事故が多いことから全身麻酔をかけてまでの検査は止めていいました。
セカンドオピニオンの医師から「もし、何も治療をしなければ余命3ヶ月‥‥」と言われました。でもGUNSOの場合、転移した肺腫瘍ではなく『原発性肺腫瘍』なので切除をするのが一番いい治療であると診断されました。先生に麻酔事故の怖さがあってなかなか手術に踏み切れない旨の話をすると、術後も麻酔医がGUNSO に付き添っていただき万全の管理をしてくださる事と、私たちの不安を取り除いていただけるよう丁寧な説明をしてくださいました。

決断した理由はたくさんあります。
*13歳8ヶ月のGUNSOが手術に耐えられるだけの体力と心臓があること
*腫瘍専門の医師が複数いて外科的治療(手術)の実績が多いこと
*事前に手術の手順や方法を写真を使って詳しく説明してくれたこと
*麻酔の管理が万全であること

私達にできることは、神様仏様に手術の成功とGUNSOの無事を祈ること。
GUNSOの不安を少しでも取り除いてあげることと考え、手術の日までGUNSOに普段通りに接するよう心掛けました(かなり大変でしたが…)。
こうしてGUNSOは大きな手術を乗り越えることができました。
術後1ヶ月が経ちましたが、毎日元気に過ごしております。
Dscf2979
次回は手術当日のお話です。

|

« たたかえ! GUNSO! | トップページ | GUNSO 、いざ!決戦の日  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たたかえ! GUNSO! | トップページ | GUNSO 、いざ!決戦の日  »