« 2017年もよろしくお願いします。 | トップページ | GUNSOの必需品 »

2017年1月10日 (火)

GUNSO家のお餅事情

 今日は『十日えびす』です。鎌倉の本覚寺は関東では珍しく『正月えびす』と「十日えびす』行事があり、毎年お参りしています。関西のえべっさんのように福笹をいただけます。ただ、今宮のえべっさんのような掛け声はありませんけどね。キレイな福娘さんたちもいらして、とても賑やかです。恒例だった餅つきと振る舞い餅がなくなったのがとても残念です。つきたてのお餅が美味しかったのにね。

 さて、GUNSO家の『お餅事情』です。関西は丸餅に対して関東のお餅は切り餅が主流。関東に引っ越ししてきて、この違いが一番衝撃的でした。ママの実家では、子どもの頃から12月28日か30日に餅つき機でお餅をついていました。父が大のお餅好きでした。小豆あんも自分で炊いてあんこ入りのお餅を作っていました。また春先に山でヨモギの新芽をたくさん摘んできて、茹でて冷凍。正月用のヨモギ餅も作っていました。なので家族総出で朝からお餅をついて丸めていました。
 父が亡くなってからは、ご贔屓の和菓子屋さんで美味しいお餅を注文していたのですが、数年前に閉店。それからは母がデパートのお餅を買って鎌倉に送ってくれていました。うーん、デパートのお餅は美味しいのですがイマイチお餅の伸びと滑らかさが足りません。もち米の違いやつき方なのでしょうかね。
 しかし、去年出会ったお餅によって『お餅事情』が一新されました。年末帰省の際に立ち寄った奈良町にある和菓子屋さん。お抹茶に合う和菓子をいただこうと店内に入ると正月用のお餅がたくさん売っていました。試しにお餅を買って実家で食べると絶品で美味しい♪やっぱり『餅屋は餅屋』のことわざ通り。今年はこちらのお餅を取り寄せて美味しくいただきました。
奈良町の『寧楽和菓司 中西与三郎』


ひとつひとつ丸められたお餅。表面もなめらかです。
焼いて食べるも良し。雑煮にして食べるのも良し。御座候もあんこを使って『ぜんざい』にしても良し。


絹のような滑らかさと伸びやかさ♪あまりの美味しさに餅三昧のママとパパ。おかげで1月10日現在、保存していたお餅もあとわずか。
どうしようかな、来月も注文しようかなぁと悩むGUNSO家なのでした。

|
|

« 2017年もよろしくお願いします。 | トップページ | GUNSOの必需品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017年もよろしくお願いします。 | トップページ | GUNSOの必需品 »