« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

北鎌倉へお散歩&サプライズ!

 週末の厳戒態勢から解放された鎌倉にようやく静けさが戻ってきました。鎌倉の山々も少しずつ赤や黄色に色付き始めています。
日曜日の午前中に北鎌倉の紅葉状況を見に行ってきました。といってもお家から30分足らずなんですけどね^^; 

 ママのお気に入りの場所は北鎌倉にある『葉祥明美術館』です。紫陽花で有名な明月院へ行く道中にあります。『葉祥明美術館』には、メイプル(カエデ)の木があります。この木と葉がとっても大好きなのです。レンガ造りの洋館とメイプルの木がとてもマッチしています。

Img_0301

 メイプルの木も黄色に色付き始めて、キレイでした。GUNSOとメイプルの可愛い葉っぱとパチリcamera

Img_0304

北鎌倉へお越しの際はお勧めの場所ですよ。

お次は、『円覚寺』へ。

Img_0321

線路沿いの山門のモミジが赤く色付き始めています。ここでぐんパパの紅葉撮影に、しばしお付き合い。

Imgp5308

真っ赤な紅葉より、緑から赤へ色付く様の方がママは好きだなぁ。

GUNSOは退屈そうな顔で紅葉を撮影している観光客を見ておりました。

Img_0316

さてさて午後から長谷の大仏を見るために『オバマ』大統領が来られるというので、見に行ってきました。長谷周辺は警備がすごいので海沿いの道で見ることに。

行きは場所が悪く、大統領の車列しか見ることができませんでした(涙;)  情報によると『長谷在住は20分少々』とのこと。 帰りの車列を見るために見やすい場所へ移動!

ベストポジションをキープ♪ 沿道警備は『京都府警』のおまわりさんhappy01 関西人のママとパパはなんか親戚のおっちゃんに会えたみたいに嬉しく思いました♪ 「遠路はるばるご苦労様です。警護お疲れ様です。」って、挨拶しちゃいましたよ(゚▽゚*)

待つこと30分くらいかな・・・・

白バイ隊を先導に、大統領の車列が!!

Img_0324

海側に『オバマ』大統領が座ってるといいなぁ♪っと願いながら、車列に向かって声援と手を振りまくってたら、

な・な・なんと!!

『オバマ』大統領がこっち向いて、笑顔で手を振ってくれてるよぉ~ヽ(*≧ε≦*)

周囲は悲鳴に近い歓喜の声heart04

「今、オバマさんと目が合った♪」と、興奮してぐんパパに言ったら、隣のオバチャンも「目が合った~♪」と、興奮気味で言ってました(爆) 

わずか数秒だったけど、ご対面する事ができましたhappy02

一生会えることなんてないやろなぁ・・・ 

GUNSO家の2010年重大ニュースのTOP3に堂々ノミネートされましたとさっ。

| | コメント (2)
|

ヘルニア疑惑?解消♪

 早いもので11月。台風が過ぎ去り穏やかな行楽の秋の鎌倉です。朝晩は気温が低めなので短い秋になりそうですかね。

 さてさて今回はかなりの長文です。お時間のある時にお読みくださいませ。

 実はGUNSOに『ヘルニアor神経痛』疑惑が9月初旬に浮上しました。お尻歩き(スクーティング(scooting))をしたり、後脚を伸ばした状態で座りこむようになりました。「これは、もしやヘルニアでは?」と、慌ててヘルニアに強いと言われているCT・MRI完備の病院を受診しました。若手の先生から「神経によるものかどうか全身麻酔をかけてCTかMRIを撮らないと判らない。」。この日、診察室でも呼吸が荒かったGUNSO。なのでこのまま麻酔をかけるのがとっても怖くて。

CTを撮ることが緊急であるかどうかを確認して、1週間ステロイドの服用と1ヶ月の『要観察&安静』となりました。

 それから6週間・・・普通に背伸びをするし、『ヘソ天』で、ひっくり返って寝ているのですが、お尻を拭くのを嫌がり、またお尻歩きをするようになりました。「これはヘルニアではなく、もしやコールドテールか馬尾症候群なのか?」と、別の病院へセカンドオピニオンを受けに行きました。

整形外科の権威の先生がいて、とても人気のある病院です。

どうしてもこの先生に診ていただきたかったので指名して待つこと、な・な・なんと4時間ちょい待ち!人間の大学病院並みの待ち時間です(爆)

2ヶ月前の話から現時点の症状や他の病院での診断の話、もしやもしや・・・・神経の病気なのか!と、悶々としていた質問もぶつけてみました。

触診しながら「神経はなんら問題ないですよ♪」

へぇ? だって変なお尻座りやお尻歩きをするんですよっ!

「フレブルって背骨や腰に問題あったりヘルニアが多いから、変な座り方を見たら、さぞかしビックリしたでしょうね。この仔は肛門腺が炎症してるだけですからっ。」って、肛門腺を絞る先生。

オレンジ色っぽい液がピューっと出てきました。「最近、肛門腺を絞られました?そのときに絞りすぎて肛門腺が炎症起こしてるね。」。10日ほど前にトリマーさんに絞ってもらったばっかり。夏場は暑かったので肛門腺を2ヶ月絞ってませんでした(涙;)

「肛門腺もね、普通に出るのがいいんだけどね。溜めすぎても絞りすぎてもダメなのよ。溜まり易い時期もあるしね。お尻の周りが炎症しているから外用薬を塗ってあげて。」

本当にヘルニアや神経の病気じゃないのかって、不安になって尋ねてみた。

背骨や腰のツボを何箇所も押しながら「問題を抱えていたらね、こんなふうに押すとね、腰が落ちちゃうのよ。この仔はしっかり立ってるから大丈夫。後脚のナックリングもないしね。ヘルニアとかだと排尿や排便が普通にできないよ。」

あぁ~この先生に診てもらえてよかった♪ 2ヶ月間のヘルニア疑惑も払拭されました。やっとぐっすり眠れるわぁヽ(´▽`)/ 待ち時間込み5時間の受診でお会計2800円moneybag MRIを撮っていたら7万円!! 財布にも優しいぃぃぃψ(`∇´)ψ

 今回の事でセカンドオピニオンの必要性がよくわかりました。最近は獣医師さんも専門科が増えてきています。緊急性がある場合のことも考えて日頃から、動物病院をしっかり調べておくことをお勧めします。

GUNSOはというと、朝晩の肛門様への塗り薬が効いたのか、お尻を拭いても嫌がらず、お尻歩きも全くしなくなりました。

めでたし、めでたし♪

Img_0200

ヘルニア疑惑から解放されたので、砂浜でいっぱい走れるぞぉ!楽しみだね、GUNSO♪

| | コメント (2)
|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »